グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  JAHTAについて >  会長挨拶

会長挨拶


「日本動物衛生看護師協会」は、1967(昭和42)年12月、イヌのグルーマー(美容師)や動物看護師という職業がまだ存在していなかった時代、山﨑良壽先生により動物関連の職業を確立することを目指し、将来の資格時代を見据えた、動物のスペシャリストのライセンス認定登録の為に渋谷の地に設立されました。以降、本協会は人と動物が共生する豊かで平和な社会の構築へ向けて、動物の愛護及び福祉の精神を啓発することを目的とし、資格認定、職業能力の開発と向上、雇用機会の拡充に励んでまいりました。2006(平成18)年1月には、特定非営利活動(NPO)法人として東京都知事に認証され、今日に至るまで50年以上に渡り活動を続けております。
現在、わが国のコンパニオンアニマルを取り巻く産業は目覚しい発展を遂げ、動物看護等の教育は、専修学校、大学に加え、ペット関連産業を支える人材養成の為、専門職大学・短期大学まで開学するに至りました。本協会では、時代と社会の要請に応えるべく、新しい時代にふさわしい資格認定事業の拡充や学び直しのセミナー等の開催、愛がん動物看護師の国家資格化支援等を進めております。今後とも更なるご支援を賜りますよう宜しく願い申し上げます。

特定非営利活動法人 日本動物衛生看護師協会
会長 山﨑 薫