グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  ライセンスについて >  認定資格について >  AHT アニマル・ヘルス・テクニシャン

AHT アニマル・ヘルス・テクニシャン


動物医療における看護職の資格。病気やケガをした動物の看護にあたるための知識と技術と人格を有することを証明します。
1970年代アメリカの大学で次々新設されていた「AHT養成コース」を日本で初めて導入。いち早くライセンス制度を確立し、AHTという職種を社会的に認知されるまでに育て上げました。動物病院で獣医師とペアになって動物看護にあたる他、トレーニング、アニマルセラピー、カウンセリングなどにも従事します。

内容

動物医療における看護師の資格。病気やけがをした動物の看護にあたるための知識・技能・人格を有することを認定します

受験資格

  1. 動物看護に関する2年以上の課程を修了し、協会が指定する認定校を卒業 (見込みを含む)した者
  2. 資格認定委員会が学修及び実務に於いて同等と認め、20歳に達した者

試験種類

筆記、実技、面接

試験内容

  • 生命倫理と職業倫理
  • 動物と衛生に関する法規
  • ヒトと動物の共通感染症・疾病の知識
  • 動物看護に関する知識と技能(臨床検査・診察補助・動物看護・救急看護・手術補助・動物医療機器、薬物、栄養学等)
  • 動物の特性・形態機能等に関する知識
  • 病院受付業務
  • 飼い主指導とアドバイス

適職

動物衛生看護師 など